手術前に確認しておくこと|悩みを解消して美しくなれる美容整形を受けよう|整形ガール

悩みを解消して美しくなれる美容整形を受けよう|整形ガール

手術前に確認しておくこと

レディ

美容整形を初めてやるという人は、わからないことが多く、不安になっているケースが多いです。横浜の美容外科でカウンセリングを受けることで、不安を解消できます。カウンセリングでは、まず問診票を記入して、それから施術や費用の説明を受けるという流れになります。問診票では、どの部位をどのようにしたのか、どういう悩みがあるのかなどを記入します。なるべく詳しく書いておけば、医師に伝わりやすいですし、結果にも大きく左右します。また、生活習慣に関する疑問や不安がある場合も記入しておいたほうが良いです。施術の説明を受けるときは、専門用語が出てくることもあります。そういう場合は、わかったフリをせずに聞き直して、しっかり理解するべきです。施術の説明は、医師が行なうことがほとんどですが、看護師やカウンセラーが説明するところもあります。横浜の美容外科の多くは、カウンセリングを無料で行なっています。有料の場合でも、1,000円程度と比較的安いので、それほど負担は大きくありません。ただ横浜の美容外科によっても料金の差は出てくるので、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。また、初回カウンセリングは無料でも、時間から費用が発生するケースもありますし、施術後のカウンセリングから費用がかかることもあります。カウンセリングを軽視する方が中にはいますが、トラブルを避けるためにも、術前のカウンセリングはとても重要です。疑問がある場合は、解消してから施術に臨むことが大切です。

横浜の美容外科で受けられる美容整形は、基本的に保険が適用されません。そのため全額自費になりますが、中には健康保険が適用される施術もあります。健康保険が適用される施術としては、ほくろ除去や眼瞼下垂、眼瞼外反修正術などがあります。悪性のほくろや、悪性になる危険性があるほくろを除去する場合は保険が適用されます。美容目的ではなく、病気の可能性が高い場合は、保険適用になります。また、眼瞼下垂も、日常生活に支障をきたすので保険適用されます。自己負担は、片目で30,000円~40,000円程度になるので費用を抑えることができます。眼瞼外反修正術とは、加齢による筋肉の緩みで、下まぶたが反り返ってしまう状態です。保険が適用されると、片目8,000円程度の負担で治療を受けることができます。健康保険が適用されるのと、されないのとでは、費用の差が大きくなるので事前に確認しておきましょう。初回カウンセリングの際に、健康保険が適用されるかどうか聞いておけば安心です。

横浜で美容整形をするなら、ダウンタイムについて知っておくべきです。ダウンタイムとは、美容整形を受けてから回復するまでの期間のことです。美容整形というのは、身体に変化を与えるものなので、術後は腫れや痛みが出てしまいます。腫れや痛みが長引いてしまうと、日常生活に支障をきたすこともあるので、ダウンタイムは確認しておくべきなのです。今流行りのプチ整形にも、ダウンタイムがあるので注意しておく必要があります。プチ整形も、糸を使ったり注射で注入したりするので、少なからず腫れや痛みはあるのです。ですからプチ整形をする際も、ダウンタイムのことを考えてスケジュールを立てておくべきです。ダウンタイムの長さの基準としては、手術が数ヶ月程度、プチ整形だと最低1週間以上です。体質によっては、プチ整形でも数ヶ月程度ダウンタイムが長引くこともあります。また、年齢によってダウンタイムも長さは変わってきます。若い人は回復力が高いので、腫れや痛みがすぐに治ることが多いです。年齢が高くなると、回復力や自然治癒力が低下するので、ダウンタイムも長くなってしまうのです。美容整形には、ダウンタイムはつきものなので、手術前に把握しておきましょう。